誰かに喜んでもらうために制作する、は価値あることか

今日もお疲れさまです。

 
誰かに喜んでもらいたい。
誰かに楽しんでもらいたい。
誰かに衝撃を与えたい。
 
アート作品を制作するにあたって、“特定の誰か” に向けて制作することは正しいのでしょうか。
 
“特定の誰か” のために制作することは、たった一人のために作品を手がけるということです。
たった一人のためにですが、その一人を満たすために工夫されています。
 
一人に絞って制作されているからこそ、強く伝える力を作品が持つのです。
つまり、“誰か” に喜んでもらうために制作することは、最も価値があることなのです。
 
 
結局、アート作品を制作するとき、“誰かのため” を意識しなくとも、“誰かのために” 制作していることになります。
なぜなら、作品を制作して残すということは、作品を誰かに見せることになります。
誰かに見せることになる時点で、その “誰かのために” 制作していることになるのです。
 
どう感じるかなど関係なく、作品を制作するということは、人という仲間への実践なのです。
 
作品を制作することが “誰か” のためであるなら、作品を “特定の誰か” に向けて制作することは、とても理にかなっています。
 
“不特定多数の誰か” より “特定の誰か” に向けて制作された作品のほうが、明確な表現を持つことになります。
恋人の世代全体をターゲットにした作品と、恋人だけをターゲットにした作品は、表現の個性に圧倒的な差が出るはずです。
 
「アーティストとして活躍したい。」と考えたとき、“誰か” に認められなくてはいけません。
その “誰か” は、「美術関係者の誰か」ではなく、「特定の誰か」にすべきなのです。
 
そして、“誰かに喜んでもらうために制作する” ことは、自分の表現を高め、その表現が伝わるかを確かめることにもなります。
 
自分で自分の作品を見て満足できればいい。
と考える人もいるでしょう。
しかし、せっかく作品という “形” を残すのであれば、誰かを喜ばすために制作したほうが張り合いがあります。
 
そして、自分自身も制作を楽しめるはずです。
 
 
では、何かあれば教えてね!